りかまるのゲームブログ

ゲームのつぶやき。

判定勝ちについて考えるべきこと - QMAリコードアリーナ

こんにちは。

今回はQMAリコードアリーナの判定勝ちの仕様についてです。「最後の判定で勝てる状況だったのに、無駄な行動をしたせいでライフを逆転されて負けてしまった」なんて状況ありませんか?

判定勝ちの条件って?

まずは公式サイトにも書いてある、判定勝ちのルールについて詳しく見ていきましょう。

f:id:recomaru:20180506090336j:plain

ちょっと噛み砕くと以下の4つの条件で上から判定していく、と書いてあります。

(1)ライフが多いプレイヤー
(2)デッキの残り枚数が多いプレイヤー
(3)クイズの点数が高いプレイヤー
(4)後攻のプレイヤー

判定"勝つ"ために考えるべきこと

(1)ライフが多いプレイヤー

これはわかりやすい条件なので特に語ることもないですが、ピリオド4で自分と相手のライフが同じになりそうか?は考えておくべきです。

結果、同じになった場合、(2)以降の条件を判定することになりますので、今の状況で(2)以降を判定されて勝てるかどうかは見ておきましょう。

(2)デッキの残り枚数が多いプレイヤー

自分と相手のライフが同じ場合、デッキの残り枚数が多いプレイヤーが勝利します。

「キミは相手よりたくさんリコードを引いているのに、相手とライフが一緒ってことは、少ないリコードでライフを同じだけ削った相手のほうが強いよね?だからキミの負け」というルールです。

このルールが存在するため、とにかくドローして強いリコードを引けば良いわけではなく、必要なタイミングに必要なドローをすべきです。そのために考えてプレイすべきことがあります。

・ドローするタイミングを考える

基本的にゲームとしてはリコードをたくさん引いて、相手のライフをたくさん削ることを考えるべきです。

ここで考えるべきことは、いかに「自分が無駄なドロー*1をしないか、相手に無駄なドローをさせるか」です。

ー自分は無駄なドローをしない

このターン中に発生するドロー効果やダメージドローによって、自分の手札上限を超えないか?は考えておくべきです。

どうせドローをするなら手札に加えて次のターン使用したほうが良いに決まっています。

SPスキルのマジドローなんかはいつでもドローできるため、お手軽に使用してしまいがちですが、「マジドローを使用した結果手札が増え、後のダメージドローで手札があふれました」では何の意味もありません。ここでのドローでの枚数差が原因で判定負けをしてしまっては目も当てられません。

ー相手に無駄なドローをさせる

相手にダメージを与える際は、そのダメージドローによって相手の手札上限を超えるか?は考えておくべきです。

相手が『おっとっと! アロエ』等のドロー効果を持つリコードを使用している場合は特にチャンスです。

f:id:recomaru:20180502091630p:plain

おっとっと! アロエ
キャラリコード
<スライド時>
1枚ドローする。

相手にあえて大量のドローをさせてデッキ枚数差をつけておくことができます。手札上限を超えていればリコードは破棄されるため、相手の戦力がこれ以上増えることはありません。ただし、引いたリコードの<ダメージドロー時>の効果は発動することがある点は注意する必要があります。

・後攻のプレイヤーはどちらか

このゲームの後攻のプレイヤーはどちらか?は考えておくべきです。

ピリオド1の初期ドローの枚数は先行が1枚、後攻が2枚なので、ゲーム開始時点から後攻のデッキは1枚少ない状況でスタートします。

デッキ枚数の判定をする時点では、自分と相手のライフは同じですので、ダメージドローによって引いている枚数も同じであることが多く、残りデッキ枚数はドロー効果をもつリコードを使用したかどうかに依存します。そのため、自分と相手が同じだけリコードをドローしている場合、必然的に後攻のプレイヤーが敗北します。

"ダメージドローによって引いている枚数も同じであることが多く"と書きましたが、ダメージドローは状況によって引く枚数をコントロールできるケースがあります。

・ダメージドローをどう発生させるか

f:id:recomaru:20180506094445j:plain

ダメージドローはルール上にも記載がある通り、ダメージを受けると、受けたダメージにかかわらず1枚ドローします。

そのため、例えば『弱き者は去るがいい』等の複数にダメージを与える効果を使用した場合、2体のキャラが同一タイミングでブレイクされることがあります。このとき、プレイヤーへは2ダメージが1回発生し、ダメージドローで1枚引くことになります(2枚ドローはしません)。このように、ダメージドローは状況によって引く枚数をコントロールできることがあります。

f:id:recomaru:20180430230953p:plain

弱き者は去るがいい
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のAP3以下のキャラすべてに1ダメージ。

基本的には同一タイミングで倒し、相手にできるだけリコードを引かせないことを考えるべきですが、ピリオド4時点でデッキ枚数による判定が見えている状況では、あえて1体ずつ倒し、ダメージドローを2回発生させることを狙うべきです。

(3)クイズの点数が高いプレイヤー

自分と相手のライフが同じで、デッキの残り枚数も同じだった場合、クイズの結果が良い方が勝利します。

デッキの残り枚数が同じというケースもあまりないのですが、このルールがある以上、クイズにはできるだけ早く回答したほうが良いことになります。

ただし、クイズの正解数によって行動できるキャラが変動することや、【正解数X】能力の存在を考えると、優先すべきは"正解すること"です。クイズに確実に正解できるタイミングまでは待って、その上でできるだけ早く回答する、くらいの意識で良いと思います。

クイズが満点でもカードゲームで負けたら負けです。

(4)後攻のプレイヤー

自分と相手のライフが同じで、デッキの残り枚数も同じで、なんとクイズの点数も同じだった場合、後攻のプレイヤーが勝利します。この条件を満たせたらスゴイ。

 



それでは。

*1:ここでの無駄なドローとは、手札上限を超えてドローしようとしてそのままリコードが破棄される状況を指すこととします。

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

こんにちは。

QMA リコードアリーナのSeason1 ブースター「桜舞うアカデミー」のリコード達を独断と偏見で評価してみました。リコードの枚数が多いので、属性ごとに記事を分けようと思います。

Season1 ブースター「桜舞うアカデミー」

f:id:recomaru:20180430231231j:plain

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

リコード評価:黒 

f:id:recomaru:20180502153712p:plain

扉の音色 ハルト
キャラリコード
<オープン時>
アクティブなゾーンがなかったらゾーンⅠをアクティブにする。

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

評価:★
「クイズフェイズで全問不正解のときにゾーンⅠはアクティブにするよ」という効果。通常全問不正解の場合はブロックができないため、直接攻撃による大ダメージを受けることになってしまうのだが、このリコードを保険として使うのはさすがに消極的すぎる。

f:id:recomaru:20180502153715p:plain

トーキョー制服 タイガ
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドのクイズ形式を〇×にする。

評価:★
〇×を得意形式としている人であっても、あえてこのリコードを使う必要はない。

f:id:recomaru:20180502153719p:plain

トーキョー制服 マラリヤ
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドのクイズ難易度をちょっと易しくする。

評価:★
【正解数X】効果持ちを多く入れているデッキには採用の余地があるかもしれない。相手も同じ問題を解くことなるため、相手にもメリットがある。

f:id:recomaru:20180502153722p:plain

トーキョー制服 セリオス
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドのクイズ形式を四択にする。

評価:★
四択を得意形式としている人であっても、あえてこのリコードを使う必要はない。

f:id:recomaru:20180502153725p:plain

トーキョー制服 ヴァニィ
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドの自分のクイズ回答時間を-2秒する。

評価:★★★★
セットレベル1で3/3は最強ステータス。赤の『トーキョー制服 ラスク』は【正解数2】を条件に3/3となるが、こちらは無条件で出すことができ、安定する。クイズ回答時間を-2秒する効果は重複し、2枚出すとー4秒、3枚出すと-6秒となる。-6秒されると連想クイズは2個目のヒントまでしか見れず、「~ですが」問題は後半の問題文が読めないことがあり、回答が厳しくなる。

f:id:recomaru:20180502153729p:plain

扉の音色 ミュー
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドのクイズで自分だけヒントが1回使える。

評価:★
【正解数X】効果持ちを多く入れているデッキには採用の余地があるかもしれない。

f:id:recomaru:20180502153732p:plain

扉の音色 メディア
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドの自分のクイズ回答時間を+2秒する。

評価:★
回答時間が10秒では足りないが、12秒以上あれば解けるという人向け。

 

以上です。

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青

こんにちは。

QMA リコードアリーナのSeason1 ブースター「桜舞うアカデミー」のリコード達を独断と偏見で評価してみました。リコードの枚数が多いので、属性ごとに記事を分けようと思います。

Season1 ブースター「桜舞うアカデミー」

f:id:recomaru:20180430231231j:plain

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

リコード評価:青

f:id:recomaru:20180502103203p:plain

トーキョー制服 レオン
キャラリコード
特殊効果なし

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

 評価:★★
赤の『マジックペット ドラゴン』と同じステータス。

f:id:recomaru:20180502103206p:plain

スライム属 アクアゼリー
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
緑の『マッシュル属 ミドマッシュル』と同じステータス。

f:id:recomaru:20180502103210p:plain

マジックペット フィッシュ
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
赤の『トーキョー制服 マヤ』と同じステータス。

f:id:recomaru:20180502103213p:plain

トーキョー制服 メディア
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
緑の『リザードマン属 リザードマン』と同じステータス。

f:id:recomaru:20180502103216p:plain

マジックペット バット
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もHPの低いキャラ1体を-1/-1する。

評価:★★
相手の最もHPの低いキャラを対象とするため、HP1のキャラを対象とした場合はそのままブレイクできる。

f:id:recomaru:20180502103219p:plain

マッシュル属 アオマッシュル
キャラリコード
<ブレイクされた時>
相手のキャラ1体を-0/-1する。

評価:★
緑の『5度目の勝利 カイル』がアタック時にダメージを分散して与えられるのに対し、こちらは被ブレイク時にダメージを分散して与える。これが有効かは状況次第だが、能動的に発動できない点でカイルに劣る。

f:id:recomaru:20180502103226p:plain

スコーピオン属 スコーピオ
キャラリコード
<ブレイクされた時>
相手のキャラ1体を-0/-1する。

評価:★
『マッシュル属 アオマッシュル』同様。

f:id:recomaru:20180502103229p:plain

トーキョー制服 カイル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のHP2以下のキャラ1体をブレイクする。

評価:★★
ピリオド1、2においては素のHPが2以下のキャラが存在することが多く、ブレイクを狙っていける。

f:id:recomaru:20180502103232p:plain

5度目の勝利 ユリ
キャラリコード
<ブレイクされた時>
相手のキャラ1体を-0/-1する。

評価:★★
『マッシュル属 アオマッシュル』同様の能力だが、能力を考えなくても素のAPが4あるため単体で仕事ができる。

f:id:recomaru:20180502103236p:plain

トーキョー制服 ユウ
キャラリコード
<スライド時>
相手のキャラ1体を-1/-0する。

評価:★★★
ピリオド1においてAP1の増減は敵を倒せる/倒せないラインに大きく関わってくるため有用。

f:id:recomaru:20180502103240p:plain

トーキョー制服 サンダース
キャラリコード
<ブレイクされた時>
相手のHP1のキャラ1体をブレイクする。

評価:★
能動的に発動できないのがマイナス。相手から見て、サンダースを倒したら自分のHP1のキャラがブレイクされるとわかっていたら、HP1のキャラの行動権を先に使ったり、ブロックに使ったりするだろう。

f:id:recomaru:20180502103243p:plain

5度目の勝利 アロエ
キャラリコード
<アタック選択時>
自分の『5度目の勝利 ラスク』がいるなら、相手のAP2以下のキャラ1体をブレイクする。

評価:★★★
青にはAPを減少させる能力持ちのキャラが多いことや、そもそも『5度目の勝利 ラスク』が相手のキャラのAPを下げる能力を持っているため、AP2以下という縛りも突破することができる。

f:id:recomaru:20180502103247p:plain

トーキョー制服 リエル
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
赤の『スライム属 レッドゼリー』と同じステータス。

f:id:recomaru:20180502103250p:plain

5度目の勝利 ラスク
キャラリコード
<オープン時>
自分の『5度目の勝利 アロエ』がいるなら、相手のキャラすべてを-1/-0する。

評価:★★★
出すだけで相手キャラ全体のAPを下げられる。『5度目の勝利 アロエ』の能力と相まってフィールドを引っ掻き回してくれる。

f:id:recomaru:20180502103253p:plain

5度目の勝利 ルキア
キャラリコード
<ブレイクされた時>
相手のキャラ1体のHPを1にする。

評価:★★
ダメージ能力を持つリコードと合わせて使いたい。

f:id:recomaru:20180502103256p:plain

5度目の勝利 クララ
キャラリコード
<オープン時>
相手の最もAPの高いキャラ1体を-2/-2する。

評価:★★★
AP-2効果が強く、ピリオド4で1回多くアタックを受け止められるようになれば逆転も狙える。

f:id:recomaru:20180502103259p:plain

扉の音色 リック
キャラリコード
<ブレイクされた時>
相手のキャラ1体を-0/-3する。

評価:★★
HPを3減少させる能力は強力なのだが、対象がランダムであることや、ブレイクされた時に発動する能力をピリオド4で使っている余裕があるかが気になる。

f:id:recomaru:20180502103303p:plain

無我の境地 アイコ
キャラリコード
<オープン時>
相手の最もAPの高いキャラ1体を-X/-0する。Xはこのキャラを除く自分の青キャラの数に等しい。

評価:★★★
ピリオド1においては-1であっても十分効果がある。『トーキョー制服 ユウ』と役割が似ているので好みで選択しよう。

f:id:recomaru:20180502103307p:plain

好吃! ヤンヤン
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数2】自分のAPとHPが同値のキャラ1体を+1/+1する。

評価:★★
アタックすると、APとHPが同値のキャラに対し『ヤルキデール』が発動する。1回しかアタックできない状況であれば、最初から『ヤルキデール』を使えば良い。

f:id:recomaru:20180502103310p:plain

カジュアルブロンド シャロン
キャラリコード
<スライド時>
自分のAPとHPが同値のキャラ1体を+2/+2する。

評価:★★★★
+2/+2が最大3回発動する破格の性能を持つ。何よりシャロン自身もAPとHPが同値であるため、効果の対象となる。シャロン自身が効果を3回受けて7/7となるケースも多い。『弱き者は去るがいい』等の「1ダメージを与える」効果を持つリコードに対し無力なため、これらが流行る環境では活躍できない。

f:id:recomaru:20180502103313p:plain

そーれ、どかーん マラリヤ
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数2】相手の最もHPの高いキャラ1体のHPを1にする。

評価:★★★
最もHPの高いキャラのHPを1にするため、相手の壁役を確実に倒していけるようになる。

f:id:recomaru:20180502103317p:plain

世紀の怪盗(自称) ハルト
キャラリコード
<オープン時>
【正解数2】相手の最もAPの高いキャラ1体を-2/-0する。その後、このキャラを+2/+0する。

評価:★★
相手のアタッカーの性能を下げられる。強化後自身は4/4となるがこれは普通のステータス。

f:id:recomaru:20180502103321p:plain

正義の敬礼! セリオス
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数4】相手の最もAPの低いキャラ1体をブレイクする。

評価:★★★
正解数4と条件は厳しいが、アタック時に敵を確定除去できる。

f:id:recomaru:20180502103324p:plain

桜舞うアカデミー ミュー
キャラリコード
<スライド時>
相手の最もAPの低いキャラ1体を50%の確率でブレイクする。

評価:★★★★★
50%の確率ではあるものの、スライドするだけで敵をブレイクできる。確率で発動のため運に左右されるが、最悪1回でも発動すれば仕事をしたと考えていい。最大3回発動でき、3回とも外す確率は12.5%だが、3回当てる確率も同じだけある。

f:id:recomaru:20180502103327p:plain

桜舞うアカデミー マヤ
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数3】相手のキャラすべてを-1/-1する。

評価:★★★
敵全体の戦力を低下させることができる。アタック選択時に発動なので、できるだけピリオドの最初の方にマヤでアタックをしたい。

f:id:recomaru:20180502103331p:plain

見知らぬタライ
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のキャラ1体のAPを1にする。

評価:★★★
敵1体を完全に無力化できる。ピリオド数が大きくなるほど効果が大きくなるため、ピリオド1で使わずにとっておいても良い。

f:id:recomaru:20180502103334p:plain

抜き打ち検査
マジックリコード
【消費型マジック】
相手の設置型マジック1枚をブレイクゾーンに置く。

評価:★
使用タイミングがかなり限られる上、相手が設置するのを見てからこのマジックを使用していては、その間に何度か効果を発動されてしまう。相手が設置型マジックを採用していない場合、完全に腐る。環境で設置型マジックが流行れば採用の余地はあるかもしれない。

f:id:recomaru:20180502103337p:plain

バランスアッパー
マジックリコード
【設置型マジック】
<バトルフェイズ開始時>
自分のAPとHPが同値の青キャラ1体を+1/+1する。

評価:★★★
APとHPが同値の青キャラに対し『ヤルキデール』効果を発動する。設置型マジックなので複数回発動でき、『ヤルキデール』よりコスパがいい。採用する場合、APとHPが同値の青キャラをなるべくデッキに入れたい。

f:id:recomaru:20180502103340p:plain

オートマチックおなかペイン
マジックリコード
【設置型マジック】
<バトルフェイズ開始時>
相手のキャラ1体を-2/-0する。

評価:★★★
APを2も下げられれば、こちらのキャラがアタックを受けきれるようになることも多い。このマジック1枚では効力を感じられないこともあるが、複数枚設置できれば、ピリオド3、4において優位に立てる。

f:id:recomaru:20180502103343p:plain

ジャイアントキラー
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のAP5以上のキャラ1体を50%の確率でブレイクする。

評価:★★
使用するだけで敵キャラをブレイクできるため強力なのだが、AP5以上という縛りがあることと、確率発動なので安定感に欠ける。

f:id:recomaru:20180502103347p:plain

威圧の眼光
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のセットレベル3以下のキャラすべてを-1/-0する。

評価:★★
敵全体の戦力を低下させることができる。ピリオド3においては必ず敵全体を効果の対象とすることができ、ピリオド3で生き残ったキャラはそのままピリオド4で戦うこととなるため、ピリオド4においても優位に立てる。

 

以上です。

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑

こんにちは。

QMA リコードアリーナのSeason1 ブースター「桜舞うアカデミー」のリコード達を独断と偏見で評価してみました。リコードの枚数が多いので、属性ごとに記事を分けようと思います。

Season1 ブースター「桜舞うアカデミー」

f:id:recomaru:20180430231231j:plain

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑 
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

リコード評価:緑

 f:id:recomaru:20180502091325p:plain

スライム属 スライム
キャラリコード
特殊効果なし

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

 評価:★★
ピリオド1で出すと、敵に倒されないが、敵を倒せないという状況になることがよくある。『マジックペット スネーク』との戦闘後に、自分のフィールドに残るのは3ダメージを受けた1/1のスライムで、相手のフィールドに残るのは1ダメージを受けた3/1のスネークとなり、決して良くない状況を作り出してしまう。地味だが『ビルドアップ!!』の対象となる。

f:id:recomaru:20180502091449p:plain

マッシュル属 ミドマッシュル
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
セットレベル2のバニラキャラ。セットレベル2の基本ステータスは4/3か3/4。セットレベル2からは優秀な能力持ちが増えるため、評価は少し劣る。

f:id:recomaru:20180502091457p:plain

リザードマン属 リザードマン
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
セットレベル4のバニラキャラ。セットレベル4の基本ステータスは6/5か5/6。

f:id:recomaru:20180502091913p:plain

トーキョー制服 ハルト
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★
セットレベル3のバニラキャラ。セットレベル3の基本ステータスは5/4か4/5。

f:id:recomaru:20180502091538p:plain

トーキョー制服 ユリ
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-1する。

評価:★★★★
HPを増加させる能力との相性がよく、実質『マッシュル属 ミドマッシュル』の上位互換。『レースの行方は! ヴァニィ』などの複数回ダメージを発生させるリコードの対策となりうる。

f:id:recomaru:20180502091541p:plain

トーキョー制服 シャロン
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-1する。

評価:★★★★
『トーキョー制服 ユリ』と同様の能力。実質『トーキョー制服 ハルト』の上位互換。

f:id:recomaru:20180502091544p:plain

マジックペット フラワー
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-1する。

評価:★
『トーキョー制服 ユリ』『トーキョー制服 シャロン』と同様の能力を持つが、HPが2しかないため、ダメージを1減らしてもそのまま倒される事が多い。

f:id:recomaru:20180502091548p:plain

トーキョー制服 ミュー
キャラリコード
<ダメージドロー時>
2枚ドローする。

評価:★★
ダメージドローで引いた自身と合わせて計3枚ドローすることになる。ダメージドローはいつ発動するか予測できないため、手札上限を超えてあふれる可能性がある。同様の効果を持つリコードに『聡き者は可能性を持つ』が存在する。あちらは正解数2が必要だが、能動的に発動できる。

f:id:recomaru:20180502091552p:plain

ケルトン属 スケルト
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-1する。

評価:★
『トーキョー制服 ユリ』と同様の効果を持つが、HPが1しかないため、『マジックペット バット』等のHPをー1する効果では倒されてしまう。

f:id:recomaru:20180502091555p:plain

トーキョー制服 ルキア
キャラリコード
<ダメージドロー時>
このキャラを自分の空きキャラゾーンに出す。

評価:★★★
ピリオド1、2でもダメージドローで引ければフィールドに出せる。ピリオド1において3/4は強力で、序盤に有利をとっていける。終盤においても突然キャラが1体増えることで相手のプランを崩せることも多い。キャラが既に4体埋まっている状態でダメージドローした場合はフィールドに出すことができない。

f:id:recomaru:20180502091558p:plain

トーキョー制服 リック
キャラリコード
<オープン時>
隣が『トーキョー制服 ハルト』なら、相手のキャラ1体を手札に戻す。

評価:★★
『白衣の研究者 カイル』等と異なり、バウンスの対象が完全ランダムであるのがネック。リックを複数体同時に出せれば直接攻撃も狙っていけるか。

f:id:recomaru:20180502091601p:plain

5度目の勝利 ヤンヤン
キャラリコード
<オープン時>
このキャラを+0/+Xする。Xは手札の枚数に等しい。

評価:★★
手札上限は最大8枚のため、最大2/9。そもそもヤンヤンを出す必要があるため、手札を8枚とするためには何かしらのドロー効果が必要。セットレベル2の基本ステータスが3/4なので、手札が4枚あれば2/5で及第点か。

f:id:recomaru:20180502091608p:plain

バンブーノ属 バンブーノ
キャラリコード
特殊効果なし

評価:★★★
赤の『マジックペット スネーク』と同じステータス。

f:id:recomaru:20180502091614p:plain

扉の音色 マヤ
キャラリコード
<アタック選択時>
1枚ドローする。

評価:★★
アタックするたびドローすることができるが、ピリオド2でAP2でアタックしても敵は倒せない事が多い。

f:id:recomaru:20180502091617p:plain

扉の音色 アイコ
キャラリコード
<アタック選択時>
このキャラを除く自分のキャラ1体を+0/+1する。

評価:★★
「受けるダメージを-Xする」能力持ちと組み合わせて使うと効果的。

f:id:recomaru:20180502091620p:plain

5度目の勝利 サンダース
キャラリコード
<オープン時>
このキャラを除く自分のキャラすべてを+1/+1する。

評価:★★★★
自身以外の味方全体に『ヤルキデール』効果を発動する。【正解数X】効果ではないため、安定して効果を発動できる。サンダースを複数体同時に出せれば強力な布陣が完成する。

f:id:recomaru:20180502091624p:plain

5度目の勝利 タイガ
キャラリコード
<オープン時>
このキャラを除く自分の最もHPの高いキャラ1体を+1/+0する。

評価:★★
『扉の音色 アイコ』のAP強化版。最もHPの高いキャラ1体という指定があるため、強化対象はある程度狙って指定することができる。

f:id:recomaru:20180502091627p:plain

5度目の勝利 レオン
キャラリコード
<スライド時>
このキャラを+1/+1する。

評価:★★★★
スライドは最大3回までなので、最大7/7。セットレベル3の基本ステータスは5/4のため、1回スライドできればこれを超える。とりあえず4番目に出しておけば簡単に6/6、7/7に到達する。

f:id:recomaru:20180502091630p:plain

おっとっと! アロエ
キャラリコード
<スライド時>
1枚ドローする。

評価:★★★
最大3枚までドローすることができる。スライド時=自キャラがブレイクされた時でもあるので、ダメージドローと合わせて2枚ずつ引くことになる。手札が簡単にあふれる可能性があることに注意。

f:id:recomaru:20180502091634p:plain
赤ずきんくん ユウ
キャラリコード
<オープン時>
【正解数2】デッキから最もセットレベルの高いキャラ1枚を手札に加える。

評価:★★★
デッキからセットレベルの高いカードをサーチでき、ピリオド3、4でのリコードの質を高めることができる。ユウ自身のステータスも3/3と低くない。デッキにセットレベル4のキャラが1種類しかいない場合は確実にそのキャラをサーチできるため、ピリオド4で確実に出したいキャラが居る場合、デッキ構築時点で調整する必要がある。

f:id:recomaru:20180502091637p:plain

星の瞳の クララ
キャラリコード
<オープン時>
このキャラを+X/+0する。Xはこのキャラを除く自分の緑キャラの数に等しい。

評価:★★★★
ピリオド3におけるHP6は強力な盾役となれる。APも自身の能力で最大5まで到達するため、攻防両面で活躍できる。

f:id:recomaru:20180502091640p:plain

白衣の研究者 カイル
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数3】相手のセットレベル3以下のキャラ1体を手札に戻す。

評価:★★★
ピリオド4において相手の頭数を減らせるのは有用。しかし、「頭数を減らしたところでAP3でのアタックは耐えられましたー」をピリオド4でやっていては悠長すぎるので、他のAP強化の能力と併用したい。

f:id:recomaru:20180502091644p:plain

がんばレッスル リエル
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-Xする。Xはこのキャラを除く自分の緑キャラの数に等しい。

評価:★★★★★
受けるダメージを最大-3できるため、敵の全てのアタックをリエル1体で受けきれることも多い。ほとんどのダメージ能力も無効化できるため、ダメージによる除去も難しい。

f:id:recomaru:20180502091647p:plain

桜舞うアカデミー メディア
キャラリコード
<オープン時>
自分のキャラが3体以上なら、次のピリオド中、自分のプレーヤーのセットレベルは3になる。

評価:★
「ピリオド1に出せれば、ピリオド2でセットレベル3になるよ」という能力。自分のキャラが3体以上という条件もあるため、達成が難しい。また、ピリオド1でフィールドを3箇所埋めてしまうため、相手の行動次第ではピリオド2にキャラが1体しか出せないという状況にもなる。1/2ではピリオド1においても活躍できず、ピリオド2以降は手札で完全に腐る。

f:id:recomaru:20180502091650p:plain

桜舞うアカデミー ラスク
キャラリコード
<アタック選択時>
このキャラを除く自分のキャラすべてを+0/+2する。

評価:★★★
効果発動ターンは敵のアタックをある程度受け止められるようになる。しかしラスクのAPが2と低く、こちらのアタックも相手に受けられる。ライフレースで負けている状況では悠長すぎる気もする。

f:id:recomaru:20180502091654p:plain

キズナオール
マジックリコード
【消費型マジック】
自分のダメージを受けているキャラ1体のHPを最大まで回復する。

評価:★
前のピリオドで生き残ったキャラを回復させて戦うより、セットレベルの高い新たなキャラを出し直したほうが強い。

f:id:recomaru:20180502091658p:plain

聡き者は可能性を持つ
マジックリコード
【消費型マジック】
【正解数2】2枚ドローする。

評価:★★★
マジドローが正解数2で発動でき、お手軽。

f:id:recomaru:20180502091702p:plain

ビルドアップ!!
マジックリコード
【消費型マジック】
自分のHP4以上の緑キャラすべてを+1/+1する。

評価:★★★★
HP4以上の緑キャラという縛りが入ったが、効果が全体化した『ヤルキデール』。対象キャラの縛りはあるものの、正直対象が1体しか居なくても十分使える。緑にはセットレベル2のキャラでもHP4のキャラが多数存在するため、ピリオド2から発動を狙っていける。

f:id:recomaru:20180502091705p:plain

剛緑招来!
マジックリコード
【消費型マジック】
手札の最もセットレベルの高い緑キャラ1枚を自分の空きキャラゾーンに出す。

評価:★★
「ピリオド3でセットレベル4のキャラを出せるよ」という能力。実質ピリオド3でしか使えず、手札にセットレベル4のキャラがいる必要がある。発動できれば強いが、状況はかなり限られ、ピリオド1、2、4では手札で腐る。

f:id:recomaru:20180502091708p:plain

メディーック!
マジックリコード
【消費型マジック】
自分の最もHPの低いキャラ1体を+0/+2する。

評価:★★★
HPの低いキャラの補強をしてダメージ能力でやられにくくしたり、HPを上げた壁役で攻撃を1回多く受け止め、ライフレースで有利に立ったりすることができ、汎用性が高い。「受けるダメージを-Xする」能力持ちとの相性が良い。

f:id:recomaru:20180502091711p:plain

ラシャスヒーリング
マジックリコード
【設置型マジック】
<バトルフェイズ開始時>
自分のキャラすべてのHPを3回復する。

評価:★

前のピリオドで生き残ったキャラを回復させて戦うより、セットレベルの高い新たなキャラを出し直したほうが強い。

 

以上です。

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤

こんにちは。

QMA リコードアリーナのSeason1 ブースター「桜舞うアカデミー」のリコード達を独断と偏見で評価してみました。リコードの枚数が多いので、属性ごとに記事を分けようと思います。

Season1 ブースター「桜舞うアカデミー」

f:id:recomaru:20180430231231j:plain

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

リコード評価:赤

 f:id:recomaru:20180430230320p:plain

マジックペット スネーク
キャラリコード
特殊効果なし

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

 評価:★★★
セットレベル1のバニラキャラ。セットレベル1のバニラの基本ステータスは3/2か2/3のため、能力持ちのキャラはこのステータスと比較した評価をする。ピリオド1で出せるキャラのうち、AP3で倒せないキャラは『スライム属 スライム』のみ。

 f:id:recomaru:20180430230500p:plain

スライム属 レッドゼリー
キャラリコード
特殊効果なし

 評価:★★
セットレベル2のバニラキャラ。セットレベル2の基本ステータスは4/3か3/4。セットレベル2からは優秀な能力持ちが増えるため、評価は少し劣る。

 f:id:recomaru:20180430230601p:plain

トーキョー制服 マヤ
キャラリコード
特殊効果なし

 評価:★★
セットレベル3のバニラキャラ。セットレベル3の基本ステータスは5/4か4/5。

 f:id:recomaru:20180430230604p:plain

マッシュル属 アカマッシュル
キャラリコード
特殊効果なし

 評価:★★
セットレベル4のバニラキャラ。セットレベル4の基本ステータスは6/5か5/6。

f:id:recomaru:20180430230702p:plain

マジックペット ドラゴン
キャラリコード
特殊効果なし

 評価:★★
『マジックペット スネーク』と異なり、APが2なので倒せるキャラの範囲が大きく減る。『ヤルキデール』等でHPを増加させられれば、AP3のアタックを受けきれるようになるため併用したい。

f:id:recomaru:20180430230712p:plain

トーキョー制服 アイコ
キャラリコード
<アタック選択時>
このキャラを+1/+0する。

評価:★★
実質6/3。『トーキョー制服 アロエ』の上位キャラ。APが6あるが、HP6以上のキャラは数が少ないため、少々過剰ぎみ。

f:id:recomaru:20180430230724p:plain

トーキョー制服 ラスク
キャラリコード
<オープン時>
【正解数2】このキャラを+2/+2する。

評価:★★★
ピリオド1は全2問のため、全問正解必須。能力発動時、3/3でセットレベル1での最強ステータスとなるが、非発動時、1/1でセットレベル1での最弱ステータス。

f:id:recomaru:20180430230730p:plain

トーキョー制服 アロエ
キャラリコード
<アタック選択時>
このキャラを+1/+0する。

評価:★★★★
実質5/2。APが5あればセットレベル4のキャラでも倒していけるため、ピリオド4でも十分活躍できる。

f:id:recomaru:20180430230736p:plain

ケルトン属 スカルファイター
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。

評価:★★★
ダメージドローが発動するかは運だが、非公開情報からいきなりダメージを飛ばせるため、相手のプランを崩せる。ピリオド1で発動すれば、相手キャラを除去してそのまま直接攻撃できるようになることも。

f:id:recomaru:20180430230742p:plain

スコーピオン属 スカーレットニードル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のキャラすべてに1ダメージ。

評価:★
1ダメージでキャラを除去できるケースは少ない。ダメージドロー能力持ち全般に言えることだが、通常のドローで引くと手札で腐る。

f:id:recomaru:20180430230747p:plain

トーキョー制服 クララ
キャラリコード
<アタック選択時>
このキャラを+1/+0する。

評価:★★★
実質3/2。2回以上アタックできれば『マジックペット スネーク』を超えるが、そのケースは少ない。

f:id:recomaru:20180430230754p:plain

5度目の勝利 シャロン
キャラリコード
<アタック選択時>
自分の『扉の音色 リエル』がいるなら、相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。

評価:★★
ピリオド1で発動できれば『マジックペット スネーク』等を除去できる。アタック選択時に発動のため、アタック時にリエルが存在していないといけない。ピリオド1で後攻の場合、リエル、シャロンと、倒されても良いブロック用のキャラ1体の計3体を出す必要がある。

f:id:recomaru:20180430230759p:plain

扉の音色 リエル
キャラリコード
<オープン時>
自分の『5度目の勝利 シャロン』がいるなら、このキャラを+2/+1する。

評価:★★
能力発動で4/3だが、セットレベル1基本ステータス3/2にそのまま倒される。

f:id:recomaru:20180430230809p:plain

度目の勝利 セリオス
キャラリコード
<オープン時>
【正解数3】このキャラを+1/+1する。

評価:★★
ピリオド2は全3問のため、全問正解必須。能力発動で4/4だが、セットレベル2基本ステータス4/3にそのまま倒される。

f:id:recomaru:20180430230815p:plain

5度目の勝利 カイル
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数2】相手の最もAPの高いキャラ1体に1ダメージ。

評価:★★
セットレベル2基本ステータス4/3が、ダメージを分散して与えられるようになった形。これが有効かは状況次第。

f:id:recomaru:20180430230824p:plain

5度目の勝利 ユウ
キャラリコード
<アタック選択時>
相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xはそのキャラのセットレベルに等しい。

評価:★★★
AP偏重の能力持ちキャラをそのまま倒せるケースも多く、ピリオド3以降も活躍できる機会はある。ステータスが低すぎるのが難点。

f:id:recomaru:20180430230830p:plain

トーキョー制服 ヤンヤン
キャラリコード
<スライド時>
このキャラを+1/+0する。

評価:★★★
スライドは最大3回までなので、最大6/2。2回スライドで『トーキョー制服 アロエ』と同等、3回でこれを超える。基本的には4枚目以降の『トーキョー制服 アロエ』として採用すべきか。

f:id:recomaru:20180430230836p:plain

5度目の勝利 マラリヤ
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数3】相手の最もAPの高いキャラ1体に3ダメージ。

評価:★★★
APの高いキャラはその分HPが低いことが多いため、能力の3ダメージでブレイクも狙っていける。自身のAP5と高く、アタックでも活躍できる。

f:id:recomaru:20180430230840p:plain

円転剛力 サンダース
キャラリコード
<スライド時>
このキャラをブレイクする。

評価:★
『スライム属 スライム』を絶対倒すマン。キャラクターバトル(COM戦)でCOMがよく後列に出してくれる。

f:id:recomaru:20180430230846p:plain

産まれた日は違えども! ユリ
キャラリコード
<アタック選択時>
相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xはこのキャラを除く自分の赤キャラの数に等しい。

評価:★★★
最大3ダメージ。セットレベル2にして『5度目の勝利 マラリヤ』と同じ仕事ができる。

f:id:recomaru:20180430230851p:plain

おまちどーさん! タイガ
キャラリコード
<相手のキャラをブレイクした時>
【正解数3】このキャラのアタック権を+1する。この能力は1ピリオドに1回のみ発動する。

評価:★★★
ピリオド3では全問正解必須だが、能力が発動できなくても素のAPが5あるので十分仕事ができる。

f:id:recomaru:20180430230856p:plain

レースの行方は! ヴァニィ
キャラリコード
<スライド時>
相手のキャラ1体に2ダメージ。

評価:★★★★★
4番目に配置しておくだけで、最大2ダメージ×3を飛ばせる。APも4あるため、効果ダメージとアタックダメージで敵を次々倒していける。相手も『レースの行方は! ヴァニィ』を出してきたときは、どちらが先に相手のヴァニィを倒すか祈るしかない。

f:id:recomaru:20180430230903p:plain

怪奇への挑戦 リック
キャラリコード
<相手のキャラをブレイクした時>
【正解数3】相手のライフに1ダメージ。

評価:★★★★
貴重なライフダメージ能力持ち。単純にブレイク時のダメージが増加するため、最後のピリオド4で逆転を狙っていける。相手の立場で考えると、通常のブレイクとリックのダメージの計2点を受けることになり、直接攻撃で受ける2点とダメージ量が変わらなくなる。そのため、相手がブロックしない選択肢を選んでくるようになるケースの考慮が必要。

f:id:recomaru:20180430230909p:plain

桜舞うアカデミー レオン
キャラリコード
<アタック選択時>
自分のライフが相手のライフより多いなら、相手のライフに1ダメージ。

評価:★★★
貴重なライフダメージ能力持ち。アタックするだけでライフダメージを確定で与えられる。有利な状況をさらに有利にする能力であるため、負けている状況では能力が発動しない。

f:id:recomaru:20180430230915p:plain

桜舞うアカデミー ルキア
キャラリコード
<オープン時>
【正解数3】このキャラを+2/+0し、アタック権を+1する。

評価:★★★
AP6を耐えきれるキャラは少なく、2体ブレイクを狙っていける。

f:id:recomaru:20180430230921p:plain

紅の一撃
マジックリコード
【消費型マジック】
相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xは自分の赤キャラの数に等しい。

評価:★★★★
デッキを赤で固める必要はあるが、ピリオド4は大抵キャラを4体出すことになるため、実質4ダメージを与えられる。ピリオド4においても4ダメージを受けきれないキャラは多く、キャラの数を減らせれば逆転も狙っていける。

f:id:recomaru:20180430230928p:plain

びっくりミサイル(小)
マジックリコード
【設置型マジック】
<バトルフェイズ開始時>
相手のキャラ1体に1ダメージ。

評価:★
ランダム1体に1ダメージでは状況が何も変化しない事が多い。そのうち(中)とか(大)とか出るのかも。

f:id:recomaru:20180430230933p:plain

テンションアップ!
マジックリコード
【設置型マジック】
<バトルフェイズ開始時>
【正解数2】自分のキャラ1体を+1/+0する。

評価:★
正解数が2必要で対象がランダムであるため、APアップの影響をプランに盛り込みにくい。

f:id:recomaru:20180430230939p:plain

ヤルキデール
マジックリコード
【消費型マジック】
自分のキャラ1体を+1/+1する。

評価:★★★★
基本ステータスを一つ上のセットレベル相当にできる。HPが上昇するため、本来なら倒されているが1残るという状況を生み出せる。

f:id:recomaru:20180430230944p:plain

炎のエール
マジックリコード
【設置型マジック】
<バトルフェイズ開始時>
自分の赤キャラが3体以上なら自分の赤キャラ1体のアタック権+1。

評価:★★★
ピリオド3以降にキャラが2体以下ということは少ないため、デッキを赤で固めていれば発動は容易。アタック選択時能力と組み合わせると良い。アタック権を付与したはいいが、そのキャラをブロックに使用しないといけないという状況は避けたい。

f:id:recomaru:20180430230953p:plain

弱き者は去るがいい
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のAP3以下のキャラすべてに1ダメージ。

評価:★
1ダメージのみで倒せるキャラはほぼいないため、他のダメージ能力と合わせたい。AP3以下の縛りがきつく、ピリオド4では対象となるキャラが居ないことも。

 

以上です。

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒

QMAリコードアリーナってどんなゲーム?

こんにちは。

QMAの最新作、マキシブコードが稼働したので早速やってきました。

雑感

今回のマキシブコードの目玉いえば、クイズゲームQMAに何故か追加されたカードゲーム、リコードアリーナでしょう。このリコードアリーナ、生粋のカードゲーマーである私としては、クイズ×カードゲームというドストライクなジャンルのゲームがリリースされたということで、とても楽しみにしていました。

スマホ向けDCG戦国時代の今、リコードアリーナがどういう切り口でここに参戦してきたのか気になるところだったので、がっつりプレイしてきました。

リコードアリーナの特徴

根本のゲームシステムとしては、まあよくあるTCGだなといった印象なのですが、リコードアリーナ独自の他TCGにない最大の特徴としては、やはり"クイズフェイズ"の存在ですが、このクイズフェイズってどんなものなんでしょうか。

あ、そもそもルールを何も知らないよーって人は公式サイトのルール説明を見てみてくださいね。

クイズに正解さえすればいいってものでもない

「"クイズフェイズ"というものがある以上、全問正解前提なんでしょ?」「結局クイズが強いほうが勝つんでしょ?」とプレイ前は思っていましたが、このクイズ結果の試合への影響度はデッキ構築次第で調整することができます。

たとえば以下のリコードたち。

 f:id:recomaru:20180428222034p:plain

トーキョー制服 ラスク
キャラリコード
<オープン時>【正解数2】このキャラを+2/+2する。

f:id:recomaru:20180428222226p:plain

トーキョー制服 ヴァニィ
キャラリコード
<オープン時>次のピリオドの自分のクイズ回答時間を-2秒する。

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

ラスクはクイズに2問以上正解すれば、1/3/3のスペックになりますが、それ未満の場合、1/1/1の最弱スペックで場に出てしまいます。対してヴァニィはデメリット効果はあるものの、無条件で1/3/3で出すことができます。

クイズに2問以上確実に正解できるならラスクのほうが強いのは明らかですが、クイズに毎回確実に正解できる、という保証はないわけです。

f:id:recomaru:20180428230713p:plain

桜舞うアカデミー マヤ
キャラリコード
<アタック選択時>【正解数3】相手のキャラすべてを-1/-1する。

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

この【正解数X】能力を持つリコードは多数存在しており、これらのリコードは無条件で効果が発動する他のリコードの能力に比べて、破格の能力を持っている事が多いのですが、常に「正解できなかったら…」のリスクがつきまといます。また、【正解数X】を達せなかった場合の多くは、リコードのコスト比に対してかなり弱いスペックとなることが多いです。

先程のラスクの例で言うと、構築時点でヴァニィを採用することでこのリスクを回避することができ、クイズ結果の試合への影響度が下がります。そのため、クイズにそこまで自信がない人でも、構築次第で十分まともな試合をすることができます。

クイズに正解すればするほど良いこともある

となると「構築さえ考えればクイズは別に正解できなくてもいいの?」となるわけですが、ルール上、クイズに正解すればするほど良いこともあります。

クイズフェイズ中に正解できた問題数に応じて、行動できるキャラが増えるというルールがあります。そのため、正解すればするほどアタック/ブロックの選択肢が増え、有利な行動を選択できるようになります。

しかし、「2問正解したので2体行動できるけど、【正解数3】のキャラしか出さなかったので、能力は発動していなくて弱いですー」では行動権を得ても意味がないため、やはり優先すべき考えはクイズ結果の影響度のリスク管理ということになると思います。

全問不正解だけはNG

ただし、全問不正解だけはNGです。アタックもブロックもできず、相手の行動可能なキャラ全員で、自プレイヤーへの直接攻撃をもれなく貰うことになります。2回以上直接攻撃を受けてしまった際には、その先には確実な死が待っていることでしょう。

最悪、1問でも正解していれば、そのターンを凌ぐくらいはできる印象でした。

結局、おもしろいの?

稼働してまだすぐの状況なので、ゲームバランスや環境的な視点では語れませんが、ゲームシステムとしてはおもしろいものになっていると感じました。

カードゲーマーに対してはすすめられるゲームだと思っていますが、クイズゲームが好きな人に対しては…正直1プレイでできるクイズの問題数はかなり少ない…!

とりあえず私的には好印象でしたので、リコードアリーナは続けていこうかと思います。気が向いたらリコード評価でもしますかね。

 

それでは。