りかまるのゲームブログ

ゲームのつぶやき。

勝率が1%上がるかもしれないマメ知識 - QMAリコードアリーナ

「これを知ってから勝率が1%上がりました」という声が多数寄せられていません。

1、リコードアリーナでは出題される形式が決まっている

リコードアリーナの予習画面の左下にこっそり書いてあるのですが、リコードアリーナでは、○×、四択、連想、文字パネル、スロット、順番当て、線結び、グループ分けの8形式の問題しか出ません。

f:id:recomaru:20180527162902j:plain

予習画面でいうところのこいつらです。

f:id:recomaru:20180527164156j:plain

2、AP0のキャラでプレイヤーにアタックしても、ダメージを与えられる

他TCGをやったことがある人ほど勘違いしそうなところですが、プレイヤーがダメージを受ける条件は、プレイヤーがアタックを受けた時なので、APが0のキャラでアタックしてもダメージを与えられます。

f:id:recomaru:20180527163413j:plain

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

声を大にしておすすめはできないのですが、相手のキャラにブロックされてしまうような状況でも、AP0のキャラのアタックはパスしないほうがよいかもしれません。相手が操作ミスでブロックをしそこねた場合、相手にダメージを与えられます。

ぱっと見、意味のない遅延行為っぽくなってしまうのがアレです。

3、ダメージドローは受けたダメージにかかわらず、1枚ドローする

判定勝ちについて考えるべきこと」の記事でも触れましたが、ダメージドローは発生したダメージにかかわらず、1枚ドローします。

f:id:recomaru:20180506094445j:plain

クイズマジックアカデミー MAXIVCORD

『弱き者は去るがいい』で相手のキャラを4体同時に倒した場合、相手には4ダメージが1回発生して、ダメージドローは1枚しか引けません!お得!

4、ライフが0になるときのダメージドローで<ダメージドロー時>効果は発動しない

「自分のライフがあと1しかないけど、最後のダメージドローでダメージ効果が発動して相手のキャラを倒せば、相手のライフも一緒に0にできるぜ…!」は "できません"。

これ、ゲーム上、ライフが0になったときのドロー演出は省いてもよいですよね? >K○NAMIさん

5、キャラクターバトル(COM戦)でゴールドをクリアすれば、シルバー、ブロンズもクリアしたことになる

達成率100%を目指す方はゴールドだけクリアすればオッケーです。

ゴールドを完全クリアしたタイミングで、ブロンズ完全クリア、シルバー完全クリアのときの報酬が合わせて一緒にもらえます。

 


(他にマメ知識があったらコメントください)

7月アップデート情報!リコード能力調整を大予想! - QMAリコードアリーナ

7月のアップデート情報が公開されましたね。

第一弾リコード能力調整実施!

能力調整きましたね。修正されそうなリコードを予測してみますか。

リコード 能力

f:id:recomaru:20180502103324p:plain

桜舞うアカデミー ミュー
キャラリコード
<スライド時>
相手の最もAPの低いキャラ1体を50%の確率でブレイクする。

▼下方修正(予測)

AP3/HP4 → AP3/HP2

個人的に桜ミューは現環境の最凶リコードだと思っています。

相手の桜ミューに能力を3回発動された経験がある人は、「あーあ」って気持ちになったことと思いますが、正直、桜ミューを使っている側も3回も発動したら「あーあ」って思ってます

桜ミューの問題点は、「桜ミューの能力が発動すれば勝ち、しなければ負け」という状況を簡単に作り出してしまうところにあります。

この状況を作り出してしまう原因は、桜ミューのHP4という耐久力の高さにあると考えています。HP4という数値はダメージ能力だけで倒すことはほぼできず、ピリオド3においてはアタックを1回受けきれることもあり、簡単に除去されない数値です。そのため、桜ミューを能力発動前に除去することができず、桜ミューの能力が発動するかどうかを見守ることしかできない状況を作り出します。

似たような効果を持つ『レースの行方は! ヴァニィ』はHPが2であり、こちらはほとんどのキャラのアタック1発でやられてしまいますし、『スケルトン属 スカルファイター』の<ダメージドロー時>能力でも倒せること、また、「受けるダメージを-1する」能力に対しては効力が薄いなど、明確な弱さがありますが、桜ミューにはそれがありません。

リコード 能力

f:id:recomaru:20180430230856p:plain

レースの行方は! ヴァニィ
キャラリコード
<スライド時>
相手のキャラ1体に2ダメージ。

f:id:recomaru:20180430230736p:plain

ケルトン属 スカルファイター
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。

桜ミューのアイデンティティを残しつつ、下方をするならHPの減少かな、という予測です。3/3ならまだ使えるレベル、3/2だと怪しいという印象ではあります。

単純に発動確率を下げるという修正方法もありますが、40%程度に下げたところで「桜ミューの能力が発動すれば勝ち、しなければ負け」という状況を作り出してしまう状況は変わりませんし、30%以下にまで下げてしまってはさすがに期待値が低すぎて、死に調整になってしまうため、あまりやるべきではないかなーと思います。


正直、桜ミュー以外は下方の必要はないかなーと感じてます。結構バランス取れてる気がしますね。強いリコードはもちろんいますが、理不尽で不快な強さを持つリコードは他にいないと思います。

上方修正に関しては、正直対戦で1度も見たことないリコードはそこそこある気がするので、何がされるのか楽しみですね。

ランクマッチ第二期スタート!

第一期ランキングの期間が2018/04/23(月)~2018/07/01(日)だったので、第二期は2018/07/02(月)~ って感じですかね。現状、ランクインしたところで何かあるってわけでもないので、だから何だって感じはありますケド。

別途情報公開しますって書いてあるので、ランキング報酬とかあるのかもしれませんね。

第二弾リコードブースター登場!

第二期は2018/07/02(月)から始まるかもってところを見ると、07/02(月)に追加されるといいなーって感じではありますが、アプデ日を公開していないところを見るにさすがに厳しいかな?

それにしても100枚追加とは…! 現状、プロモ系のカードを除けばリコードは100種類しかないので、単純にカードプールが倍になるってことですよねー、環境も変わりそうですね。

 


 

f:id:recomaru:20180531003953j:plain
ん…? サマーパラダイス…?

これは新規水着イラスト来たな!!!
(グリムアロエが写ってるのでグリムキャラもリコード化されるっぽいね)

クイズへたくそ勢がリコードアリーナをゆく

ランクSまでやってきたぞ。

f:id:recomaru:20180527152516j:plain

とはいえリコードアリーナのレートの増減のシステム的には、査定がかなりゆるゆるなので、正直勝率が50%を切っててもランクSには到達できる感じになってるね。

リコードアリーナが楽しい

しかしこのリコードアリーナ、プレイすればするほど深く、楽しい。

ここまでで200戦弱プレイしてきているのだけれど、キャラを出さないほうが良いケース、アタックしないほうが良いケース、ブロックしないほうが良いケースなどがだんだんわかってきた。そこまでしっかり考えて、思い通りの展開になるとやはり気持ちいいね。

 

対戦相手のデッキも何パターンか種類があって、偏りがなくていい環境だと思う。

『見知らぬタライ』等のAP低下系の能力を重ねがけしてキャラのAPを0にした後、ピリオド4でセットレベル4のキャラで蹂躙してくるデッキ*1には何度も殺されてきたが、ようやくプレイングで対策できるようになってきた。

 

それにしても、とにかく自分のクイズがへたくそすぎる。

クイズフェイズに全問不正解となってしまうことがちょいちょいあり、その対戦は例外なく敗北している。ランクS帯の対戦相手の正解率を見ると、軒並み自分の正解率より高く、全ジャンルの正解率が90%超えのプレイヤーもごろごろいる。こういうところを見ると、やはり自分のクイズ力の弱さを感じるね。

 

カードゲームの最善手がわかっているのに、クイズがとけなくて負けるのはなんとも悔しい! 

もっとクイズを勉強しまーす。

今回のハイライト

後攻ピリオド1、4枚マリガン後の手札

f:id:recomaru:20180527152428j:plain

(その後彼の姿を見たものはいない)


 

*1:個人的にこのデッキを地蔵化蹂躙デッキと呼んでいる

<ダメージドロー時>能力について考えるべきこと - QMAリコードアリーナ

こんにちは。

今回はQMAリコードアリーナの<ダメージドロー時>能力についてのお話です。試合中、<ダメージドロー時>能力を持つリコードの存在を考慮しているでしょうか?

これをしっかり考えておくことは、勝利を目指す上で非常に重要です。

<ダメージドロー時>能力をもつリコード

「桜舞うアカデミー」時点のカードプールでは、<ダメージドロー時>能力を持つリコードは、以下の6枚です。

リコード 能力
f:id:recomaru:20180430230736p:plain

ケルトン属 スカルファイター
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。

f:id:recomaru:20180430230742p:plain

スコーピオン属 スカーレットニードル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のキャラすべてに1ダメージ。

f:id:recomaru:20180502091548p:plain トーキョー制服 ミュー
キャラリコード
<ダメージドロー時>
2枚ドローする。
f:id:recomaru:20180502091555p:plain トーキョー制服 ルキア
キャラリコード
<ダメージドロー時>
このキャラを自分の空きキャラゾーンに出す。
f:id:recomaru:20180502103216p:plain

マジックペット バット
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もHPの低いキャラ1体を-1/-1する。

f:id:recomaru:20180502103229p:plain トーキョー制服 カイル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のHP2以下のキャラ1体をブレイクする。

リコード検索が可能なリコードリストも公開しているので、よかったら調べてみてくださいね。)

そもそも<ダメージドロー時>能力とは?

リコードアリーナのリコードの種類には、大きく「キャラリコード」と「マジックリコード」の2種類があり、「マジックリコード」の中にはさらに【消費型マジック】と【設置型マジック】の2種類があります。同じくコナミから発売されている遊戯王OCGでいうと、モンスターカード、魔法カード、永続魔法カードにあたるところですかね。

f:id:recomaru:20180525175037j:plainf:id:recomaru:20180525175040j:plainf:id:recomaru:20180525175043j:plain

Yu-Gi-Oh! TRADING CARD GAME - CARD DATABASE

現状のリコードアリーナでは、フィールドに出したリコードはすべて表になるため、基本的に試合中はこの公開情報をもとに戦略を練ることになります。しかし、すべての情報が公開されているということは、お互いが自分の最善手と相手の最善手を把握できてしまうため、相手の意表をついた行動をしない限りは、実力が拮抗したプレイヤー同士の対戦では、差をつけることができません。そこで、<ダメージドロー時>能力の存在が活きてきます。

<ダメージドロー時>能力はトラップカード

<ダメージドロー時>能力は非公開情報から突然発動する、いわばトラップカードのようなものになります。<ダメージドロー時>能力が発動するかどうかは運の要素が絡みますが、その運がどのくらいの確率で発生するのか?は考えておくことができます。

f:id:recomaru:20180525180544j:plain

Yu-Gi-Oh! TRADING CARD GAME - CARD DATABASE

たとえば、相手が<ダメージドロー時>能力を持つリコードを普通にフィールドに出してきた場合、もしかしたら相手はそのリコードを2枚以上デッキに入れているかもしれません。その場合、そのリコードの<ダメージドロー時>能力が、今後どこかのタイミングで発動する可能性があることが予測できます。

他にも、自分の今の残りのデッキ枚数と、デッキに残っている<ダメージドロー時>能力持ちのリコードの枚数を考えれば、今ダメージドローをすると、どのくらいの確率で<ダメージドロー時>能力が発動するか?を考えることができます。

「今、相手のあの<ダメージドロー時>能力が発動するとヤバイ」、「ここで自分のあの<ダメージドロー時>能力が発動すれば有利になる」といったことをしっかり予測し、戦略を立てておくことが重要です。

ケアすべき<ダメージドロー時>能力

リコード 能力
f:id:recomaru:20180502091548p:plain トーキョー制服 ミュー
キャラリコード
<ダメージドロー時>
2枚ドローする。

この効果が発動しても盤面に影響は与えないため、特に考慮すべき事はありませんが、「判定勝ちについて考えるべきこと」の記事でも紹介した通り、このターンの行動で相手の手札上限を超えるか?は見ておきましょう。

リコード 能力
f:id:recomaru:20180430230736p:plain

ケルトン属 スカルファイター
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。

f:id:recomaru:20180430230742p:plain

スコーピオン属 スカーレットニードル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のキャラすべてに1ダメージ。

f:id:recomaru:20180502103216p:plain

マジックペット バット
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もHPの低いキャラ1体を-1/-1する。

盤面に影響を与える効果達です。この効果が発動すると、ダメージにより自分のキャラが倒されてしまい、アタック/ブロック要因が突然いなくなってしまうことがあります。これらの存在から、試合中、以下のことは常に考えておくべきです。

  • 自分の最もAPの高いキャラのHPが2以下ではないか?
  • 自分の(最もHPの低い)キャラのHPが1ではないか?

また、これを考慮して行動の順番を考える必要があります。たとえば、相手のキャラが0体、自分のキャラが2体(3/2、2/2)の状況で、相手に直接攻撃を行える場合では、先に3/2のキャラでアタックをすべきです。

なぜなら、もし先に2/2のキャラでアタックし、そのダメージドローで『スケルトン属 スカルファイター』の能力が発動してしまった場合、その能力によって3/2のキャラは倒されてしまい、アタックの機会を失うことになります。

リコード 能力
f:id:recomaru:20180502103229p:plain トーキョー制服 カイル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のHP2以下のキャラ1体をブレイクする。

上記のダメージ能力持ちと考えることは似ているのですが、HP2以下のキャラは突然死する可能性があることを考えておくべきです。

 


カードプールをすべて覚えておければあらゆる行動を予測しておくことができますが、さすがに大変です。せめて<ダメージドロー時>能力のリコードだけでも覚えておけば、勝ちにつながる行動を取れることは多くなると思います。

「桜舞うアカデミー」時点では6枚しかないため、覚えるのもそんなに大変ではないと思いますのでぜひ覚えておきましょう!

 

それでは。

Season1 桜舞うアカデミー リコードリスト

こんにちは。

QMA リコードアリーナのSeason1 ブースター「桜舞うアカデミー」のリコード一覧(カード一覧)をまとめました。デッキ作成時にご活用ください。

Season1 ブースター「桜舞うアカデミー」

f:id:recomaru:20180430231231j:plain

表の列の見出しをクリックすると並び替えができます。
キーワードを入力して、表から検索(絞り込み)ができます。
各リコードの評価(カード評価)は以下から。

Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:赤
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:緑
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:青
Season1 桜舞うアカデミー リコード評価:黒
 

リコードリスト

No. 属性 種類 Lv. リコード名 AP HP 能力
1001 キャラ 1 マジックペット スネーク 3 2 特殊効果なし
1002 キャラ 2 スライム属 レッドゼリー 4 3 特殊効果なし
1003 キャラ 3 トーキョー制服 マヤ 5 4 特殊効果なし
1004 キャラ 4 マッシュル属 アカマッシュル 6 5 特殊効果なし
1005 キャラ 1 マジックペット ドラゴン 2 3 特殊効果なし
1006 キャラ 3 トーキョー制服 アイコ 5 3 <アタック選択時> このキャラを+1/+0する。
1007 キャラ 1 トーキョー制服 ラスク 1 1 <オープン時> 【正解数2】このキャラを+2/+2する。
1008 キャラ 2 トーキョー制服 アロエ 4 2 <アタック選択時> このキャラを+1/+0する。
1009 キャラ 2 ケルトン属 スカルファイター 3 2 <ダメージドロー時> 相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。
1010 キャラ 3 スコーピオン属 スカーレットニードル 4 3 <ダメージドロー時> 相手のキャラすべてに1ダメージ。
1011 キャラ 1 トーキョー制服 クララ 2 2 <アタック選択時> このキャラを+1/+0する。
1012 キャラ 1 5度目の勝利 シャロン 2 2 <アタック選択時> 自分の『扉の音色 リエル』がいるなら、相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。
1013 キャラ 1 扉の音色 リエル 2 2 <オープン時> 自分の『5度目の勝利 シャロン』がいるなら、このキャラを+2/+1する。
1014 キャラ 2 5度目の勝利 セリオス 3 3 <オープン時> 【正解数3】このキャラを+1/+1する。
1015 キャラ 2 5度目の勝利 カイル 3 3 <アタック選択時> 【正解数2】相手の最もAPの高いキャラ1体に1ダメージ。
1016 キャラ 2 5度目の勝利 ユウ 2 1 <アタック選択時> 相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xはそのキャラのセットレベルに等しい。
1017 キャラ 2 トーキョー制服 ヤンヤン 3 2 <スライド時> このキャラを+1/+0する。
1018 キャラ 4 5度目の勝利 マラリヤ 5 5 <アタック選択時> 【正解数3】相手の最もAPの高いキャラ1体に3ダメージ。
1019 キャラ 1 円転剛力 サンダース 4 2 <スライド時> このキャラをブレイクする。
1020 キャラ 2 産まれた日は違えども! ユリ 3 2 <アタック選択時> 相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xはこのキャラを除く自分の赤キャラの数に等しい。
1021 キャラ 3 おまちどーさん! タイガ 5 1 <相手のキャラをブレイクした時> 【正解数3】このキャラのアタック権を+1する。この能力は1ピリオドに1回のみ発動する。
1022 キャラ 3 レースの行方は! ヴァニィ 4 2 <スライド時> 相手のキャラ1体に2ダメージ。
1023 キャラ 4 怪奇への挑戦 リック 5 3 <相手のキャラをブレイクした時> 【正解数3】相手のライフに1ダメージ。
1024 キャラ 3 桜舞うアカデミー レオン 4 3 <アタック選択時> 自分のライフが相手のライフより多いなら、相手のライフに1ダメージ。
1025 キャラ 4 桜舞うアカデミー ルキア 4 4 <オープン時> 【正解数3】このキャラを+2/+0し、アタック権を+1する。
1026 マジック 4 紅の一撃 - - 【消費型マジック】 相手の最もAPの高いキャラ1体にXダメージ。Xは自分の赤キャラの数に等しい。
1027 マジック 1 びっくりミサイル(小) - - 【設置型マジック】 <バトルフェイズ開始時> 相手のキャラ1体に1ダメージ。
1028 マジック 1 テンションアップ! - - 【設置型マジック】 <バトルフェイズ開始時> 【正解数2】自分のキャラ1体を+1/+0する。
1029 マジック 1 ヤルキデール - - 【消費型マジック】 自分のキャラ1体を+1/+1する。
1030 マジック 3 炎のエール - - 【設置型マジック】 <バトルフェイズ開始時> 自分の赤キャラが3体以上なら自分の赤キャラ1体のアタック権+1。
1031 マジック 2 弱き者は去るがいい - - 【消費型マジック】 相手のAP3以下のキャラすべてに1ダメージ。
1032 キャラ 1 スライム属 スライム 1 4 特殊効果なし
1033 キャラ 2 マッシュル属 ミドマッシュル 3 4 特殊効果なし
1034 キャラ 4 リザードマン属 リザードマン 5 6 特殊効果なし
1035 キャラ 3 トーキョー制服 ハルト 4 5 特殊効果なし
1036 キャラ 2 トーキョー制服 ユリ 3 3 <ダメージを受ける時> 受けるダメージを-1する。
1037 キャラ 3 トーキョー制服 シャロン 4 4 <ダメージを受ける時> 受けるダメージを-1する。
1038 キャラ 1 マジックペット フラワー 2 2 <ダメージを受ける時> 受けるダメージを-1する。
1039 キャラ 1 トーキョー制服 ミュー 2 2 <ダメージドロー時> 2枚ドローする。
1040 キャラ 1 ケルトン属 スケルト 3 1 <ダメージを受ける時> 受けるダメージを-1する。
1041 キャラ 3 トーキョー制服 ルキア 3 4 <ダメージドロー時> このキャラを自分の空きキャラゾーンに出す。
1042 キャラ 3 トーキョー制服 リック 3 4 <オープン時> 隣が『トーキョー制服 ハルト』なら、相手のキャラ1体を手札に戻す。
1043 キャラ 2 5度目の勝利 ヤンヤン 2 1 <オープン時> このキャラを+0/+Xする。Xは手札の枚数に等しい。
1044 キャラ 1 バンブーノ属 バンブーノ 3 2 特殊効果なし
1045 キャラ 2 扉の音色 マヤ 2 4 <アタック選択時> 1枚ドローする。
1046 キャラ 2 扉の音色 アイコ 2 4 <アタック選択時> このキャラを除く自分のキャラ1体を+0/+1する。
1047 キャラ 4 5度目の勝利 サンダース 4 4 <オープン時> このキャラを除く自分のキャラすべてを+1/+1する。
1048 キャラ 2 5度目の勝利 タイガ 2 4 <オープン時> このキャラを除く自分の最もHPの高いキャラ1体を+1/+0する。
1049 キャラ 3 5度目の勝利 レオン 4 4 <スライド時> このキャラを+1/+1する。
1050 キャラ 1 おっとっと! アロエ 2 1 <スライド時> 1枚ドローする。
1051 キャラ 2 赤ずきんくん ユウ 3 3 <オープン時> 【正解数2】デッキから最もセットレベルの高いキャラ1枚を手札に加える。
1052 キャラ 3 星の瞳の クララ 2 6 <オープン時> このキャラを+X/+0する。Xはこのキャラを除く自分の緑キャラの数に等しい。
1053 キャラ 4 白衣の研究者 カイル 3 5 <アタック選択時> 【正解数3】相手のセットレベル3以下のキャラ1体を手札に戻す。
1054 キャラ 4 がんばレッスル リエル 5 5 <ダメージを受ける時> 受けるダメージを-Xする。Xはこのキャラを除く自分の緑キャラの数に等しい。
1055 キャラ 1 桜舞うアカデミー メディア 1 2 <オープン時> 自分のキャラが3体以上なら、次のピリオド中、自分のプレーヤーのセットレベルは3になる。
1056 キャラ 3 桜舞うアカデミー ラスク 2 4 <アタック選択時> このキャラを除く自分のキャラすべてを+0/+2する。
1057 マジック 1 キズナオール - - 【消費型マジック】 自分のダメージを受けているキャラ1体のHPを最大まで回復する。
1058 マジック 2 聡き者は可能性を持つ - - 【消費型マジック】 【正解数2】2枚ドローする。
1059 マジック 2 ビルドアップ!! - - 【消費型マジック】 自分のHP4以上の緑キャラすべてを+1/+1する。
1060 マジック 3 剛緑招来! - - 【消費型マジック】 手札の最もセットレベルの高い緑キャラ1枚を自分の空きキャラゾーンに出す。
1061 マジック 2 メディーック! - - 【消費型マジック】 自分の最もHPの低いキャラ1体を+0/+2する。
1062 マジック 3 ラシャスヒーリング - - <バトルフェイズ開始時> 自分のキャラすべてのHPを3回復する。
1063 キャラ 1 トーキョー制服 レオン 2 3 特殊効果なし
1064 キャラ 2 スライム属 アクアゼリー 3 4 特殊効果なし
1065 キャラ 3 マジックペット フィッシュ 5 4 特殊効果なし
1066 キャラ 4 トーキョー制服 メディア 5 6 特殊効果なし
1067 キャラ 1 マジックペット バット 2 2 <ダメージドロー時> 相手の最もHPの低いキャラ1体を-1/-1する。
1068 キャラ 2 マッシュル属 アオマッシュル 3 3 <ブレイクされた時> 相手のキャラ1体を-0/-1する。
1069 キャラ 1 スコーピオン属 スコーピオ 1 3 <ブレイクされた時> 相手のキャラ1体を-0/-1する。
1070 キャラ 2 トーキョー制服 カイル 2 4 <ダメージドロー時> 相手のHP2以下のキャラ1体をブレイクする。
1071 キャラ 2 5度目の勝利 ユリ 4 2 <ブレイクされた時> 相手のキャラ1体を-0/-1する。
1072 キャラ 1 トーキョー制服 ユウ 2 2 <スライド時> 相手のキャラ1体を-1/-0する。
1073 キャラ 2 トーキョー制服 サンダース 3 3 <ブレイクされた時> 相手のHP1のキャラ1体をブレイクする。
1074 キャラ 1 5度目の勝利 アロエ 2 2 <アタック選択時> 自分の『5度目の勝利 ラスク』がいるなら、相手のAP2以下のキャラ1体をブレイクする。
1075 キャラ 2 トーキョー制服 リエル 4 3 キャラリコード 特殊効果なし
1076 キャラ 1 5度目の勝利 ラスク 2 2 <オープン時> 自分の『5度目の勝利 アロエ』がいるなら、相手のキャラすべてを-1/-0する。
1077 キャラ 3 5度目の勝利 ルキア 4 4 <ブレイクされた時> 相手のキャラ1体のHPを1にする。
1078 キャラ 4 5度目の勝利 クララ 4 4 <オープン時> 相手の最もAPの高いキャラ1体を-2/-2する。
1079 キャラ 4 扉の音色 リック 4 4 <ブレイクされた時> 相手のキャラ1体を-0/-3する。
1080 キャラ 1 無我の境地 アイコ 2 2 <オープン時> 相手の最もAPの高いキャラ1体を-X/-0する。Xはこのキャラを除く自分の青キャラの数に等しい。
1081 キャラ 1 好吃! ヤンヤン 2 1 <アタック選択時> 【正解数2】自分のAPとHPが同値のキャラ1体を+1/+1する。
1082 キャラ 2 カジュアルブロンド シャロン 1 1 <スライド時> 自分のAPとHPが同値のキャラ1体を+2/+2する。
1083 キャラ 3 そーれ、どかーん マラリヤ 4 4 <アタック選択時> 【正解数2】相手の最もHPの高いキャラ1体のHPを1にする。
1084 キャラ 3 世紀の怪盗(自称) ハルト 2 4 <オープン時> 【正解数2】相手の最もAPの高いキャラ1体を-2/-0する。その後、このキャラを+2/+0する。
1085 キャラ 4 正義の敬礼! セリオス 4 4 <アタック選択時> 【正解数4】相手の最もAPの低いキャラ1体をブレイクする。
1086 キャラ 3 桜舞うアカデミー ミュー 3 4 <スライド時> 相手の最もAPの低いキャラ1体を50%の確率でブレイクする。
1087 キャラ 4 桜舞うアカデミー マヤ 5 5 <アタック選択時> 【正解数3】相手のキャラすべてを-1/-1する。
1088 マジック 1 見知らぬタライ - - 【消費型マジック】 相手のキャラ1体のAPを1にする。
1089 マジック 2 抜き打ち検査 - - 【消費型マジック】 相手の設置型マジック1枚をブレイクゾーンに置く。
1090 マジック 2 バランスアッパー - - 【設置型マジック】 <バトルフェイズ開始時> 自分のAPとHPが同値の青キャラ1体を+1/+1する。
1091 マジック 3 オートマチックおなかペイン - - 【設置型マジック】 <バトルフェイズ開始時> 相手のキャラ1体を-2/-0する。
1092 マジック 4 ジャイアントキラー - - 【消費型マジック】 相手のAP5以上のキャラ1体を50%の確率でブレイクする。
1093 マジック 3 威圧の眼光 - - 【消費型マジック】 相手のセットレベル3以下のキャラすべてを-1/-0する。
1094 キャラ 1 扉の音色 ハルト 1 2 <オープン時> アクティブなゾーンがなかったらゾーンⅠをアクティブにする。
1095 キャラ 1 トーキョー制服 タイガ 2 1 <オープン時> 次のピリオドのクイズ形式を〇×にする。
1096 キャラ 2 トーキョー制服 マラリヤ 3 2 <オープン時> 次のピリオドのクイズ難易度をちょっと易しくする。
1097 キャラ 2 トーキョー制服 セリオス 2 3 <オープン時> 次のピリオドのクイズ形式を四択にする。
1098 キャラ 1 トーキョー制服 ヴァニィ 3 3 <オープン時> 次のピリオドの自分のクイズ回答時間を-2秒する。
1099 キャラ 1 扉の音色 ミュー 2 1 <オープン時> 次のピリオドのクイズで自分だけヒントが1回使える。
1100 キャラ 2 扉の音色 メディア 2 2 <オープン時> 次のピリオドの自分のクイズ回答時間を+2秒する。

 


 

ランクS到達!混色グッドスタッフデッキ - QMAリコードアリーナ

 (某攻略サイトみたいなタイトルを付けたかっただけ)

デッキレシピ

f:id:recomaru:20180520074113j:plainf:id:recomaru:20180520074119j:plain

デッキの概要

ダメージを与えるリコードを多く採用し、効果で敵キャラを除去して、序盤から直接攻撃を狙っていきます。セットレベル4のリコードはあえて採用せず、ピリオド1~3の安定感を重視しています。

リコードの採用理由

汎用キャラリコード

リコード 能力
f:id:recomaru:20180502153725p:plain

トーキョー制服 ヴァニィ
キャラリコード
<オープン時>
次のピリオドの自分のクイズ回答時間を-2秒する。

安定オブ安定。3/3のステータスは最悪ピリオド3とかで出したとしてもまだ活躍できるケースがあります。この記事でも紹介した通り、『トーキョー制服 ラスク』とは相互互換性があり、好みで選択できます。

リコード 能力
f:id:recomaru:20180502091544p:plain

マジックペット フラワー
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-1する。

f:id:recomaru:20180502091538p:plain

トーキョー制服 ユリ
キャラリコード
<ダメージを受ける時>
受けるダメージを-1する。

ランクSの現環境だと『弱き者は去るがいい』の採用率が高く、HPの低いキャラは軒並みやられてしまうことが多かったため、「受けるダメージを-1する」能力を持つキャラを多く採用しました。

ダメージドロー能力持ち

リコード 能力
f:id:recomaru:20180502103216p:plain マジックペット バット
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もHPの低いキャラ1体を-1/-1する。
f:id:recomaru:20180430230736p:plain ケルトン属 スカルファイター
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手の最もAPの高いキャラ1体に2ダメージ。
f:id:recomaru:20180430230742p:plain スコーピオン属 スカーレットニードル
キャラリコード
<ダメージドロー時>
相手のキャラすべてに1ダメージ。

ダメージドロー能力持ちを9枚採用しており、高確率でダメージドローが発動します。
全て敵キャラのHPを減らす能力持ちなので、発動すれば盤面に何かしらの影響を与えます。そのため、ターン中はこのターンに発生するダメージドローの枚数を考慮して、ダメージドローから最大何点盤面に影響を与えられるかを考えておきます。

エースアタッカー

リコード 能力
 f:id:recomaru:20180502103313p:plain そーれ、どかーん マラリヤ
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数2】相手の最もHPの高いキャラ1体のHPを1にする。 

相手の最もHPの高いキャラを対象とするため、敵のキャラが全員HP1でもない限りは必ず効果が発動します。後衛のHPが5くらいあるキャラを1にしたうえ、さらにアタックで前衛に4ダメージを飛ばすというようなケースはよくあり、ダメージ効率が高いです。このデッキ中最大のアタッカーです。

HPを1にできるため、『弱き者は去るがいい』や各種ダメージドロー効果持ちとのシナジーもあります。

リコード 能力
 f:id:recomaru:20180502103324p:plain  桜舞うアカデミー ミュー
キャラリコード
<スライド時>
相手の最もAPの低いキャラ1体を50%の確率でブレイクする。

これを出すとリコードアリーナというゲームが、ミューちゃんのご機嫌を祈るゲームになるみたいなところはあるのですが、単体で完結している強リコードです。

効果が1回発動するという前提で戦略を立てて、場に出すことが多いです。
(最高3回の試行回数があり、少なくとも1回発動する確率は87.5%であるため)

マジックリコード

リコード 能力
 f:id:recomaru:20180430230953p:plain  弱き者は去るがいい
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のAP3以下のキャラすべてに1ダメージ。

1ダメージだけ与えても敵を倒せるケースは少ないため、基本的に『弱き者は去るがいい』は2枚同時に使用します。ピリオド2時点でHPが2以下のキャラは多く存在するため、複数体同時に倒せることもあります。

『威圧の眼光』ともシナジーがあり、同時に使用することでAP4以上の敵に対してもダメージを与えていけます。(セットした順番に効果が発動するため、『威圧の眼光』を先にセットしなければならない点に注意です。

リコード 能力
 f:id:recomaru:20180502103347p:plain  威圧の眼光
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のセットレベル3以下のキャラすべてを-1/-0する。

「受けるダメージを-1する」能力持ちの耐久力をさらにあげるためや、『弱き者は去るがいい』とのシナジーなどを考慮して採用しました。

マリガン基準

1,セットレベル1のキャラを2体揃える

セットレベル4のキャラを採用していないので、できるだけピリオド4にもつれ込まないように、序盤から盤面の有利をとりたいためです。

2,『桜舞うアカデミー ミュー』がいれば残す

最強リコードは手札に残す。

 


 

各SPスキルの強みを考える - QMAリコードアリーナ

こんにちは。

今回はQMAリコードアリーナのSPスキルについて語ります。

「SPスキル、使わずに試合が終わっちゃった」なんてことないですか?

SPスキルって?

まずはSPスキルのおさらい。

f:id:recomaru:20180519075148j:plain

(要は三国志大戦でいう宝具で、LoVでいうアルティメットスペルです。)

1試合に1回好きなタイミングで使えるため、使わないと損というか、使う前提でデッキの構築をすべきです。使わずに負けていたら、そりゃ使わなかったからでしょって感じになります。
SPスキルは全部で3種類あり、この中から1つ好きなものを設定できます。

マジドロー

2枚ドローする。

マジリターン

相手のゾーンIのキャラを手札に戻す。

マジパワー

自分のキャラすべてを+2/+0する。

マジドロー

どんなデッキでもとりあえず選んでおけば強い、汎用性のあるSPスキルです。

「デッキからリコードをドローする」効果をもつリコードは数多く存在するため、効果の特殊性はあまりありません。『聡き者は可能性を持つ』なんかは【正解数2】こそあるものの、同じく2枚ドローすることができます。
(1枚使って2枚ドローをするため、実質1ドローですが)

f:id:recomaru:20180502091658p:plain

聡き者は可能性を持つ
マジックリコード
【消費型マジック】
【正解数2】2枚ドローする。

セットレベル1の「自分の『○○』がいるなら~」能力をもつキャラをデッキに採用している場合は、ピリオド1でマジドローを使用して対象のキャラを引き込むことができるようになりますし、『桜舞うアカデミー メディア』なんかもセットレベル1のキャラを3体揃える必要があるため、相性がいいです。

f:id:recomaru:20180502103243p:plain

5度目の勝利 アロエ
キャラリコード
<アタック選択時>
自分の『5度目の勝利 ラスク』がいるなら、相手のAP2以下のキャラ1体をブレイクする。

f:id:recomaru:20180502091647p:plain

桜舞うアカデミー メディア
キャラリコード
<オープン時>
自分のキャラが3体以上なら、次のピリオド中、自分のプレーヤーのセットレベルは3になる。

また、ピリオド1でマジドローを使用することを前提に考えると、初期手札4枚+マリガンで最大4枚の引き直し、初期ドロー1、2枚、マジドロー2枚で最大12枚ドローを施行でき、ピリオド1で安定してセットレベル1のリコードを引き込むことができるようになります。

セットレベル1のリコードはピリオド1で必ず引きたいけれど、ピリオド2以降はなるべく引きたくないため、マジドローを使用してピリオド1でセットレベル1のリコードを最低1枚引き込むことを前提にすれば、デッキ構築の段階でセットレベル1のリコードの枚数を減らして、セットレベル2以上のリコードを多めに入れる強気の構築をする、なんてこともできます。

マジリターン

相手が使用してくることを一番警戒しなければならないSPスキルです。

「相手のキャラを手札に戻す」効果は現状『トーキョー制服 リック』『白衣の研究者 カイル』しか持っておらず、その発動条件も厳しめなため、ピリオド1から無条件でいつでも発動できるマジリターンはかなり強力です。

 f:id:recomaru:20180502091558p:plain

トーキョー制服 リック
キャラリコード
<オープン時>
隣が『トーキョー制服 ハルト』なら、相手のキャラ1体を手札に戻す。

f:id:recomaru:20180502091640p:plain
白衣の研究者 カイル
キャラリコード
<アタック選択時>
【正解数3】相手のセットレベル3以下のキャラ1体を手札に戻す。

相手のキャラが1体しかいない場合、マジリターンを使用すればそのターンのアタックは全て相手への直接攻撃となります。そのため、逆に相手がSPスキルを使用していない場合、マジリターンであることを考慮して、なるべくキャラは2体以上出すようにしたほうがいいです。

相手のキャラが複数体いる状況においても、数を1体減らすことで直接攻撃が1回通るようになる状況はよくあるため、対戦中、常に「相手のキャラを1体減らせる」選択肢が取れるという強みがあります。

また、対象のキャラは手札に戻るため、この1枚が手札に戻ったことで手札上限に達する場合などは、次に発生するダメージドローやドロー効果も無力化できます。さらに、次のターン、相手はセットレベルの低いキャラを1枚手札に抱えることになるので、行動の選択肢を弱めることもできます。

マジパワー

使い所が限定されるが、盤面の戦況を変えることができるSPスキルです。

マジパワーは基本的に「今のAPでは敵を倒せないから困った」ときに使うことになります。"「今のAPで敵を倒せない」かどうか" は相手のキャラのHPによるため、相手の行動やデッキ構築に依存する面もあり、効果的なタイミングはかなり限定されます。

使用タイミングとしては、『威圧の眼光』などのAPを下げる効果を使用されたり、元々のAPが低いキャラをフィールドに出していて、そのキャラで相手を倒せなかったりする場合、マジドローでAPを上げて突破できることがあります。

f:id:recomaru:20180502103347p:plain

威圧の眼光
マジックリコード
【消費型マジック】
相手のセットレベル3以下のキャラすべてを-1/-0する。

あまり汎用的ではないスキルですが、デッキ構築の時点でマジパワーを前提に考える方法もあります。たとえば、『桜舞うアカデミー ラスク』は強力な効果を持っていますが、APが2と低く、そもそもラスクのアタックが相手に受けられてしまうというデメリットを持っています。「ラスクを出したときはマジパワーを使う」という前提であれば、ラスクの欠点を補うことができます。(この場合、ラスクを除く自分のキャラ全てが+2/+2されるので楽しいことになりそう)

f:id:recomaru:20180502091650p:plain
桜舞うアカデミー ラスク
キャラリコード
<アタック選択時>
このキャラを除く自分のキャラすべてを+0/+2する。

SPスキルはできるだけ隠すべき

相手が何のSPスキルなのかは、使用されるまでわかりません。

たとえば、今、自分がこのターンに出したいキャラが1体しかおらず、それが最善手であると考えていたとしても、相手のSPスキルがマジリターンであるかもしれないことを考慮すると、ここでは無理してキャラを2体以上出すようにしたほうがいいかもしれません。でも、相手が既にSPスキルを使用済みの場合は、安心して前者の行動を取ることができます。

こういうことを相手に考えさせる余地を作っておくことが重要です。自分のSPスキルを隠しておいたことで、相手が最善手でない行動をとってくれることは、後々こちらの勝利につながります。

上ではマジドローをピリオド1に使っていく強みを紹介しましたが、その裏では相手にSPスキルの考慮させなくしてしまうというリスクもあるということは考えておくべきですかね。

 



それでは。